コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原忠蔵 かわはら ちゅうぞう

1件 の用語解説(河原忠蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原忠蔵 かわはら-ちゅうぞう

1843-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。文久3年(1863)藩命で京都にいき,八月十八日の政変の際,京都を追われた三条実美(さねとみ)ら七卿を護衛して長州におもむく。元治(げんじ)元年実美の命をうけて京都で情報収集にあたった。慶応元年10月23日病没。23歳。本姓は赤司。名は資多。通称は別に三郎。変名は河原真三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河原忠蔵の関連キーワードウィンチェスターアメリカ美術小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革永楽和全大井憲太郎緒方惟準サトウ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone