コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原忠蔵 かわはら ちゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原忠蔵 かわはら-ちゅうぞう

1843-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。文久3年(1863)藩命京都にいき,八月十八日の政変の際,京都を追われた三条実美(さねとみ)ら七卿を護衛して長州におもむく。元治(げんじ)元年実美の命をうけて京都で情報収集にあたった。慶応元年10月23日病没。23歳。本姓は赤司。名は資多。通称は別に三郎。変名は河原真三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河原忠蔵の関連キーワード天保

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android