コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原蝗虫 カワラバッタ

デジタル大辞泉の解説

かわら‐ばった〔かはら‐〕【河原蝗虫】

バッタ科の昆虫。体長2.5~3.5センチ。河原にすみ、体は青みを帯びた灰色で、小石の色に似る。後ろ(ばね)は青色で、飛ぶとよく目立つ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわらばった【河原蝗虫】

バッタの一種。頭からはねの先まで約35ミリメートル。体は灰色で、前ばねに斑紋があり、後ろばねは美しい淡青色で幅広い黒帯がある。夏から秋にかけて出現し、河原にすむ。砂や小石の上に静止すると発見しにくく、保護色の好例とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

河原蝗虫 (カワラバッタ)

学名:Sphingonotus japonicus
動物。バッタ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

河原蝗虫の関連キーワード斑紋好例

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android