コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原高直 かわら たかなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原高直 かわら-たかなお

1154-1184 平安時代後期の武士。
久寿元年生まれ。源頼朝の家臣で,武蔵(むさし)七党のひとつ私市(きさい)党に属した。寿永3年一ノ谷の戦いに弟の河原盛直とともに源範頼(のりより)にしたがう。兄弟で平氏の陣にせまったが,備中(びっちゅう)の真名辺(まなべ)五郎の矢に射られ,同年2月7日ともに討ち死にした。31歳。通称は太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河原高直の関連キーワード源義仲元暦藤原家成プランタジネット朝久寿タンクレディ[シチリア王]ノルマン朝プランタジネット朝ヘンリー2世アンジュー