コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河口静斎 かわぐち せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河口静斎 かわぐち-せいさい

1703-1754 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年生まれ。江戸の人。室鳩巣(むろ-きゅうそう)にまなぶ。松平朝矩(とものり)の播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主,上野(こうずけ)前橋藩主の時代につかえた。宝暦4年11月6日死去。52歳。名は光遠。字(あざな)は子深,穆仲。通称は三八。別号に苧山(ちょざん)。著作に「斯文源流」「苧山集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河口静斎の関連キーワード近藤西涯岩瀬華沼浅岡芳所植木筑峯

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android