コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合茂山 かわい もざん

1件 の用語解説(河合茂山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合茂山 かわい-もざん

1821-1877 幕末の武士。
文政4年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。馬廻頭(がしら),使番などをつとめる。元治(げんじ)元年(1864)第1次幕長戦争では,尊攘(そんじょう)派として長州征討軍の解兵,三条実美(さねとみ)ら5卿の太宰府移転に尽力した。慶応元年藩による勤王派弾圧で小呂(おろ)島に流されたが,のちゆるされた。明治10年1月2日死去。57歳。名は勝文。通称は茂左衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河合茂山の関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術三野村利左衛門村田氏寿磯部最信香山栄左衛門

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone