コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村内郷 かわむら うちさと

2件 の用語解説(河村内郷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

河村内郷

国学者・有知村郷士。通称忠右衛門・宗右衛門・宗兵衛、名は稲城。美濃武儀郡生。本居春庭市岡猛彦富樫広蔭に師事。安政4年(1857)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村内郷 かわむら-うちさと

1792-1857 江戸時代後期の国学者,歌人。
寛政4年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)上有知(こうずち)村の郷士。本居春庭(もとおり-はるにわ)らにまなぶ。のち三条実美(さねとみ)に国学・和歌をおしえた。天保(てんぽう)年間に曾代(そだい)用水の水利権をめぐる争いが生じたとき,総庄屋村瀬藤城とともに村の年寄役としてその解決にあたった。安政4年4月3日死去。66歳。通称は忠右衛門,宗右衛門。著作に「美濃国喪山考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

河村内郷の関連キーワード原久胤国学者岩政信比古加藤千年三鍼那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳