コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村内郷 かわむら うちさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村内郷 かわむら-うちさと

1792-1857 江戸時代後期の国学者,歌人。
寛政4年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)上有知(こうずち)村の郷士。本居春庭(もとおり-はるにわ)らにまなぶ。のち三条実美(さねとみ)に国学・和歌をおしえた。天保(てんぽう)年間に曾代(そだい)用水の水利権をめぐる争いが生じたとき,総庄屋村瀬藤城とともに村の年寄役としてその解決にあたった。安政4年4月3日死去。66歳。通称は忠右衛門,宗右衛門。著作に「美濃国喪山考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河村内郷の関連キーワード国学者

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android