コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村内郷 かわむら うちさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村内郷 かわむら-うちさと

1792-1857 江戸時代後期の国学者,歌人。
寛政4年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)上有知(こうずち)村の郷士。本居春庭(もとおり-はるにわ)らにまなぶ。のち三条実美(さねとみ)に国学・和歌をおしえた。天保(てんぽう)年間に曾代(そだい)用水の水利権をめぐる争いが生じたとき,総庄屋村瀬藤城とともに村の年寄役としてその解決にあたった。安政4年4月3日死去。66歳。通称は忠右衛門,宗右衛門。著作に「美濃国喪山考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河村内郷の関連キーワード国学者

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android