年寄役(読み)トシヨリヤク

大辞林 第三版の解説

としよりやく【年寄役】

年役としやく」に同じ。
金座の役名。地金の鑑定、本金・試金石の保管および金座の総取り締まりを行なった者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

としより‐やく【年寄役】

〘名〙
① 経験の多い老人として当然なすべき役目。年寄にふさわしい役目。また、その役目の人。年役
浄瑠璃桂川連理柵おはん長右衛門)(1776)下「仏檀の御明しは年寄役(としよりやク)と繁斎が、こてこて燈せどしめり居る」
② 金座の役名。材料・地金・品位の鑑定および金座の総取締を行ない、あわせて本金・試金石の保管を行なうもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android