コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河浪質斎 かわなみ しっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河浪質斎 かわなみ-しっさい

1672-1734 江戸時代中期の儒者。
寛文12年5月3日生まれ。肥前佐賀の人。石丸良尚にまなぶ。元禄(げんろく)4年河浪自安の門にはいり,9年その養子となる。のち京都でまなび,帰郷して郷校東原庠舎の教授をつとめた。享保(きょうほう)19年8月15日死去。63歳。本姓は野田。名は道義。字(あざな)は路甫。通称は所兵衛。著作に「一元気説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河浪質斎の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ライプニッツ龍野城ウィリアム(3世)カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)オランダ戦争デ・ウィット高其佩伊良子道牛コアペル

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone