コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河瀬菅雄 かわせ すがお

2件 の用語解説(河瀬菅雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河瀬菅雄 かわせ-すがお

1647-1725 江戸時代前期-中期の歌人。
正保(しょうほ)4年生まれ。飛鳥井雅章(あすかい-まさあき)にまなび,京都にすんだ。「増補和歌道しるべ」「まさな草」などを編集し,実作を指導した。門人に陽明学者三輪執斎らがいる。享保(きょうほう)10年2月23日死去。79歳。号は酔露堂(軒)。庵号は的堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河瀬菅雄

没年:享保10.2.23(1725.4.6)
生年:正保4(1647)
江戸前期の歌人。号酔露。京の人。元禄期前後の京坂の地下歌人として代表的な存在。特に天和2(1682)年刊の『ふもとの塵』は有名無名の当代歌人の詠を配列した類題選集として意義があり,菅雄の指導者としての面目を知り得る。また『増補和歌道しるべ』『まさな草』(1690)などの実用的歌学書も広く迎えられた。ただし,やや後輩の有賀長伯の啓蒙的歌学書には普及度の点で劣るようである。未刊の歌学秘伝書の類も多い。家集は『酔露軒和歌集』。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河瀬菅雄の関連キーワード有賀長伯紀親成佐野紹益尼坂好道高倉嗣章橘屋道退藤村恕堅藤波氏守元禄歌舞伎貞徳

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone