河竹 繁俊(読み)カワタケ シゲトシ

  • 河竹 繁俊 (かわたけ しげとし)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の演劇研究家 早稲田大学名誉教授・演劇博物館初代館長。



生年
明治22(1889)年6月9日

没年
昭和42(1967)年11月15日

出生地
長野県下伊那郡山本村(現・飯田市)

本名
吉村 繁俊

旧姓(旧名)
市村

学歴〔年〕
早稲田大学文学部英文科〔明治44年〕卒

学位〔年〕
文学博士(早稲田大学)〔昭和18年〕

主な受賞名〔年〕
菊池寛賞〔昭和31年〕,NHK放送文化賞〔昭和32年〕,日本学士院賞〔昭和35年〕「日本演劇全史」,文化功労者〔昭和42年〕

経歴
坪内逍遙文芸協会附属演劇研究所に入り、新劇運動に参加。逍遙のすすめで河竹黙阿弥の養嗣子となる。大正9年帝国劇場文芸部嘱託、のち技芸学校主事。12年早稲田大学講師となり、昭和3年の早大演劇博物館創立に尽力し、9年館長。12〜35年早大教授、36年武蔵野芸術大学教授を歴任。この間、24年日本演劇学会を創立、会長に就任。戦前戦後を通じ、演劇の研究・教育・行政・普及に幅広く活動した。35年「日本演劇全史」で学士院賞受賞。37年芸術院会員、42年文化功労者。他の著書に「河竹黙阿弥」「坪内逍遙」「歌舞伎作者の研究」「歌舞伎史の研究」「逍遙、抱月、須磨子の悲劇」、「演劇百科大事典」(監修)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1889年6月9日
大正時代;昭和時代の演劇研究家。早稲田大学教授・演劇博物館初代館長
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河竹 繁俊の関連情報