河野通継(読み)こうの みちつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通継 こうの-みちつぐ

?-1289 鎌倉時代の武将。
河野通信(みちのぶ)の子。通久の弟。兄が早世したため,伊予(いよ)(愛媛県)久米郡石井郷の所領をつぎ縦淵(たてぶち)城主となる。文永4年弟の通時と所領をめぐってあらそうが,翌年幕府の仲介で和解した。正応2年8月23日死去。通称は弥九郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android