コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通信 こうの みちのぶ

2件 の用語解説(河野通信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通信 こうの-みちのぶ

1156-1223 平安後期-鎌倉時代の武将。
保元(ほうげん)元年生まれ。河野通清(みちきよ)の子。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝に呼応し,父とともに伊予(いよ)(愛媛県)高縄山城で挙兵。敗死した父のあとをうけ伊予内の平家与党を討ち,壇ノ浦の戦いでは兵船をひきい源義経軍にくわわる。承久(じょうきゅう)の乱(1221)では後鳥羽(ごとば)上皇方について敗れ,陸奥(むつ)平泉(岩手県)に流された。貞応(じょうおう)2年5月19日死去。68歳。通称は四郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河野通信

没年:貞応2.5.19(1223.6.19)
生年:保元1(1156)
鎌倉前期の武士。通清の子。伊予国(愛媛県)の在庁として有力な武士団を構成した。源頼朝をはじめとする反平家勢力が挙兵した治承・寿永内乱の際は,いちはやく源氏方に立ち,その功績によって鎌倉殿源頼朝に直接臣従を許され,所領を安堵された。文治5(1189)年の奥州合戦に従軍,正治1(1199)年の梶原景時排斥に参加するなど鎌倉に常駐。その奉公を賞されて,建仁3(1203)年伊予への帰国に際し,守護に属さず国内の近親・郎従を統率する権限を与えられている。北条時政の婿となり,幕府の権威を背景として伊予国内に勢力を拡大したが,承久の乱で京方に立ったため奥州平泉に流され,配所で没した。時宗の開祖一遍は彼の孫に当たり,弘安3(1280)年奥州へ通信の墳墓を訪ねている。<参考文献>山内譲「伊予国における武士団の成立と展開」(『日本歴史』379号)

(野口実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の河野通信の言及

【河野氏】より

…中世の伊予国(愛媛県)の豪族。古代の越智(おち)氏の流れをくむと伝えられる。風早郡河野郷(現,北条市)を根拠地とする。源平合戦時に,通清・通信父子が源氏方にくみして勢力をのばし,戦後は御家人の地位を得て伊予国最大の武士団に成長した。その支配領域は,風早郡を中心にして中東予に及んだ。承久の乱(1221)では通信が京方に味方し,所領所職の大半を失ったが,その子通久が鎌倉方についたのでかろうじて命脈を保った。…

※「河野通信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

河野通信の関連キーワード保元フィリップ大友能直フィリップ河野通信清原頼業平忠正鳥羽天皇藤原頼長南海トラフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone