コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油圧モーター(読み)ゆあつモーター

世界大百科事典 第2版の解説

ゆあつモーター【油圧モーター hydraulic motor】

油圧機器の一つ。油圧ポンプで加圧された液体(一般に鉱油)によって,回転運動の形での仕事を行う機器。機能は油圧ポンプの逆であって,歯車モーター,ベーンモーター,ピストンモーターが代表的機種である。高速の用途に用いられる油圧モーターの構造は,細部には相違があっても,基本的には油圧ポンプと同じである。ところで油圧モーターによりなされる仕事の特性として,低い回転数で大きなトルクを要求される場合が多い。この目的には,高速用油圧モーターに減速歯車を組み合わせるか,低回転数(例えば100rpm以下)でなめらかに作動できる低速高トルクモーターを用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の油圧モーターの言及

【流体機械】より

…(2)これに対して気体を昇圧する機械では,その昇圧の程度によって送風機圧縮機に区別される。(3)液体から動力を取り出す機械は一般に水車と呼ばれるが,油圧装置などに使われ高圧の油から動力を取り出す容積形のものは油圧モーターという。(4)蒸気や高圧ガスから動力を取り出す機械は蒸気タービンガスタービンなどと呼ばれる。…

※「油圧モーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android