コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油圧伝動装置 ゆあつでんどうそうち hydrostatic power transmission

2件 の用語解説(油圧伝動装置の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油圧伝動装置
ゆあつでんどうそうち
hydrostatic power transmission

流体伝動装置の一種で,油圧を利用して動力を伝達する装置。容積式ポンプアクチュエータ (流体のエネルギーを用いて機械的な仕事をする機器。油圧シリンダおよび容積式油圧モータなど) を組合せて使用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

油圧伝動装置【ゆあつでんどうそうち】

油圧ポンプ油圧モーター組み合わせた伝動装置。原動機ポンプを動かし,圧力を高めた油で油圧モーターを回して被動軸を駆動する。油の配管を伸ばすだけで,原動機から離れたところで動力が取り出せ,また被動軸の回転数を自由に調節できる利点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

油圧伝動装置の関連キーワード組物歯車ポンプ三菱ふそう MBECS織る編組油圧油圧器組目油圧ポンプ油圧モーター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone