コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油圧機器 ゆあつききoil hydraulic components

2件 の用語解説(油圧機器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油圧機器
ゆあつきき
oil hydraulic components

密閉した容器内での静止している縮まない流体の1点で圧力の増加があると,流体内のすべての点で同じ大きさの圧力の増加がみられるという「パスカルの原理」を応用し,小さい油圧ポンプで油を高圧にし,油圧シリンダなどに導いて大きな力を発生させる機器。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油圧機器
ゆあつきき

油圧駆動装置を構成する機器の総称。油圧ポンプ油圧モーター油圧シリンダーのほか、各種制御弁、アキュムレーターフィルター、油タンクなどが含まれる。油圧ポンプ、油圧モーターとしては容積型のものが用いられ、歯車型、ベーン型、ピストン型などがある。容積型ポンプとモーターは、容積が周期的に増減する空間を利用し、容積が増加する間に一定量の流体を吸い込み、減少する間に送り出すものである。制御弁には回路の圧力を制御するリリーフ弁、カウンターバランス弁や、流量を制御する流量調整弁、絞り弁、分流弁、流れの方向を制御する方向切換え弁、逆止め弁などがある。
 これらの機器を管によって接続し、油圧回路を構成する。油圧ポンプによって油にエネルギーを与え、圧力を高めて油圧モーターまたは油圧シリンダーに送り、それらの機器によって油から動力を取り出し、各種機械を運転する。伝達すべき動力の増大に伴って回路圧力も増大し、現在では通常10~20メガパスカルの圧力が用いられ、35メガパスカルにすることもある。このような構成の油圧伝動装置は、強い力が得られ、速度も自由に調整でき、過負荷に対する安全装置も簡単であるなどの長所をもつ。工作機械をはじめ荷役機械、パワーショベルなどの建設機械、船舶、航空機の諸装置の駆動および制御に広く用いられている。[池尾 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油圧機器の関連情報