コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治五右衛門(8代) じごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

治五右衛門(8代) じごえもん

1764-1813 江戸時代中期-後期の蒔絵(まきえ)師。
宝暦14年2月2日生まれ。7代治五右衛門の次男。意匠,技術にすぐれ,先代とともに名工といわれた。書画,和歌,俳諧(はいかい)をたしなみ,天文学,オランダ語にも通じた。文化10年7月9日死去。50歳。越中(富山県)出身。姓は小原。名は宗好(むねよし)。号は一白

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

治五右衛門(8代)の関連キーワード蒔絵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android