沼尻高原(読み)ぬまじりこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼尻高原
ぬまじりこうげん

福島県中北部,安達太良山 (1709m) 西麓の緩斜面を占める地域。猪苗代町に属する。安達太良山の噴火口沼ノ平の排水口にあたることが呼称の由来。沼尻鉱山があり,硫黄を採掘したが,1969年閉山。沼ノ平西方の沼尻高原 (880m) には沼尻,中ノ沢などの温泉があり,東北地方最古の沼尻スキー場がある。磐梯朝日国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android