コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岳温泉 だけおんせん

4件 の用語解説(岳温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岳温泉
だけおんせん

青森県西部,岩木山南西麓にある温泉。嶽温泉とも書く。標高約 480mの高原に湧出。泉質は硫黄泉。泉温 40~50℃。皮膚病にきく。古くから湯治客に利用されたが,1965年津軽岩木スカイラインが建設されてからスキー客,観光客などが多くなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

岳温泉
だけおんせん

福島県北東部,二本松市西部の安達太良山 (1700m) の東麓,標高 580mの高原にある温泉。源泉は鉄山南東の旧火口から湧出し,これを引き湯している。泉質は酸性泉。泉温は 51℃。国民保養温泉地に指定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だけ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【岳温泉/×嶽温泉】

青森県南西部、岩木山の南西側のふもとにある温泉。泉質は硫黄泉酸性泉。「嶽温泉」と記すことが多い。
福島県二本松市安達太良山東側のふもとにある温泉。泉質は酸性泉。「岳温泉」と記すことが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕岳温泉(だけおんせん)


福島県二本松(にほんまつ)市西部にある国民保養温泉。安達太良(あだたら)山(標高1700m)の東腹、標高約500mの高原に位置する。夏は登山、冬はスキーの基地としてにぎわう。周辺に県民の森や牧場・ゴルフ場ほか各種スポーツ施設を完備。酸性‐鉄(II)‐硫酸塩泉。泉温65℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岳温泉の関連キーワード二本松塩沢スキー場二本松市歴史資料館福島県二本松市沖福島県二本松市沢松倉福島県二本松市苗松福島県二本松市西池福島県二本松市西町福島県二本松市本町福島県二本松市油井奥州二本松

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岳温泉の関連情報