沼知福三郎(読み)ぬまち ふくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沼知福三郎 ぬまち-ふくさぶろう

1898-1982 昭和時代の機械工学者。
明治31年5月4日生まれ。ドイツ留学後,昭和9年母校東北帝大の教授,18年同大高速力学研究所長。水力発電タービンなどの高速の水力機械に使用されるプロペラ水車の研究をすすめた。25年学士院賞,51年文化功労者。昭和57年9月14日死去。84歳。茨城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android