コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼野玄昌 ぬまのげんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼野玄昌
ぬまのげんしょう

[生]天保7(1836).3. 江戸
[没]1877.11.21. 安房,横渚(よこすが)
幕末~明治期の医者。旗本萬年佐十郎の次男に生れ,母の実家である代々小湊に続いた医家,沼野の養子となる。安政2 (1855) 年から9年8ヵ月,佐倉順天堂で医学を学び,長谷川泰佐藤進と並んで同門三羽烏といわれた俊才。 1876年,千葉県庁主催の医学講習会に教材として人骨を使用したが,その骨は墓地から盗掘したものであったために,人体発掘事件として世に騒がれた。翌年,千葉病院の傭医となり,流行の兆しをみせたコレラの検診中に「胆 (きも) 取り」と誤解した漁民に惨殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

沼野玄昌の関連キーワード安房

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android