コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川泰 はせがわたい

6件 の用語解説(長谷川泰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷川泰
はせがわたい

[生]天保13(1842)
[没]1912
医学者。 1876年に済生学舎をつくって洋方医の短期養成に努めた。 1903年に廃校したが,その間に同舎で養成した医師は 9600人に達したといわれる。 1890年に第1回普通選挙代議士に当選,日本の医事衛生に貢献したところは大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川泰 はせがわ-たい

1842-1912 明治時代の医学者,政治家。
天保(てんぽう)13年6月生まれ。順天堂で佐藤尚中(しょうちゅう),医学所で松本順にまなぶ。明治9年医学校済生学舎を創立し,36年の廃校までにおおくの医師を養成。内務省では長与専斎をたすけて衛生行政の基礎をきずき,のち衛生局長をつとめた。23年衆議院議員(当選3回,弥生倶楽部(クラブ))。明治45年3月11日死去。71歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川泰

没年:明治45.3.11(1912)
生年:天保13.6(1842)
明治期の医学教育者,政治家,医事行政官。越後国(新潟県)福井村生まれ。名は初め泰一郎,明治になって泰と改称。下総国佐倉(千葉県)で順天堂,江戸で松本良順(順)に蘭学を学び,明治になって大学東校(東大)の教官,長崎医学校(長崎大)の校長を歴任した。明治9(1876)年に私立医学校済生学舎を創設,36年に廃校。その間に2万1千余人が入学,約9600人の医師を養成した。またこの間,衆院議員を第1回帝国議会から3期務め,内務省の衛生局長,中央衛生委員などの医療行政の役職につき,西洋衛生思想の普及をはかるとともに,漢方排斥の急先鋒に立った。36年以降は隠棲生活に徹した。

(酒井シヅ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

長谷川 泰


芸名
長谷川 泰

性別
男性

生年月日
1978/07/18

星座
かに座

干支
午年

出身地
北海道

身長
179cm

体重
73kg

靴のサイズ
28cm

職種
タレント・俳優・女優

好きなスポーツ
サーフィン

資格・免許
普通二輪AT小型限定/フォークリフト/小型移動式クレーン

趣味・特技
サーフィン

プロフィール
北海道出身。北海道池田高等学校卒業。俳優として活動。主な出演作は、THK夏の秘密』、舞台・富良野グループ公演『明日、非別で』『マロース』『帰国』などがある。今後の更なる活躍に期待される。

代表作品
THK『夏の秘密』 / 舞台『富良野グループ公演「明日、非別で」』 / 舞台『富良野グループ公演「マロース」』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はせがわたい【長谷川泰】

1842‐1912(天保13‐大正1)
明治期の医師。済生学舎を創始して医学教育にあたり,衛生行政に関与した。越後国長岡に生まれ,佐倉の順天堂で佐藤尚中について学ぶ。帰郷し北越戦争に長岡藩藩医として従軍。1869年(明治2),大学東校開校にあたり,大学少助教(のち文部大助教)となり相良知安(さがらともやす)らを補佐,日本医学教育の確立に寄与した。72年,第一大学区医学校校長,74年長崎医学校校長を経て,76年に私立の医学校済生学舎を創始,1900年の廃校までに9600人余の医師を世に送りだした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川泰
はせがわたい
(1842―1912)

医学者。天保(てんぽう)13年6月越後(えちご)国(新潟県)長岡に、漢医長谷川宗斉の子として生まれる。1862年(文久2)佐倉の佐藤尚中(しょうちゅう)の門に入り、のち松本良順に従って医学所に学んだ。1869年(明治2)大学東校(東京大学医学部の前身)少助教、翌1870年中助教、のちに次長になったが、総長の石黒忠悳(ただのり)とあわず、去って1876年本郷に済生学舎をおこし、医学生の養成に努めた。私立の医師養成機関として入学者はすこぶる多く、済生学舎に学んで医師になったものは9600人に及んだ。校長のかたわら、1890年衆議院議員に当選し、内務省にも出仕して、1898年には衛生局長に就任した。1902年(明治35)専門学校令の発布にあたって、済生学舎を医科大学に昇格させようと努力したがならず、突如として廃校して物議を醸した。明治45年3月11日大腸狭窄(きょうさく)症で死没。[深瀬泰旦]
『山口梧郎編『長谷川泰先生全集』全1巻(1939・長谷川泰遺稿集刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長谷川泰の言及

【済生学舎】より

…医師の長谷川泰(はせがわたい)により1876年に創立された民間の医学校。当時医師になるには大学卒などを除いては医術開業試験を受けねばならなかったが,いわばその受験のための学校であった。…

※「長谷川泰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長谷川泰の関連キーワード行政官行政官庁医事教育者政官財政官業池田謙斎懸田克躬長尾精一三田俊次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長谷川泰の関連情報