コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉佳逸 いずみ かいつ

1件 の用語解説(泉佳逸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉佳逸 いずみ-かいつ

1825-1872 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政8年生まれ。越後(えちご)(新潟県)五泉(ごせん)の歌人。父久澄(ひさずみ)より家学の歌道をうけ,漢学詩文を加藤松斎にまなぶ。五泉に来遊した藤本鉄石の影響をうけて尊攘運動にくわわる。鉄石らが大和で挙兵(天誅(てんちゅう)組の変)したときいて京都にでたが,敗走後だったので帰郷。慶応2年村松藩に80日余幽閉された。明治5年2月6日死去。48歳。名は久寛。通称は佳一。別号に白水。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

泉佳逸の関連キーワード尊攘伊藤惣兵衛勝野森之介上岡胆治川勝寛治川島総次佐竹直衛高橋甲之允田中長九郎三間半二

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone