コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉佳逸 いずみ かいつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉佳逸 いずみ-かいつ

1825-1872 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政8年生まれ。越後(えちご)(新潟県)五泉(ごせん)の歌人。父久澄(ひさずみ)より家学歌道をうけ,漢学詩文を加藤松斎にまなぶ。五泉に来遊した藤本鉄石の影響をうけて尊攘運動にくわわる。鉄石らが大和で挙兵(天誅(てんちゅう)組の変)したときいて京都にでたが,敗走後だったので帰郷。慶応2年村松藩に80日余幽閉された。明治5年2月6日死去。48歳。名は久寛。通称は佳一。別号に白水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泉佳逸の関連キーワード産業革命史(年表)岩漿日本科学史(年表)日本郵便制度史(年表)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクークリューガーニコライ[1世]

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android