コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉屋道栄 いずみや どうえい

2件 の用語解説(泉屋道栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉屋道栄 いずみや-どうえい

1412-1484 室町時代の豪商。
応永19年生まれ。堺(さかい)の商人で,堺の自治をとりしきる会合(えごう)衆のひとり。文明16年三宅主計(みやけ-かずえ)と堺総社の三村宮祭礼を主宰した。京都南禅寺の聖徒(しょうと)の弟子で,海会(かいえ)寺の季弘大叔(きこう-だいしゅく)と交友があった。文明16年9月6日死去。73歳。号は春林。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

泉屋道栄

没年:文明16.9.6(1484.9.25)
生年:応永19(1412)
室町中期の堺の豪商で,会合衆のひとり。文明8(1476)年,金銭を堺北荘の八文字屋が借りたまま返さないので,室町幕府に訴えている。また堺南荘百姓泉屋道栄とも記されているので,道栄は金貸し業などを行うとともに地主でもあったのだろう。堺海会寺の季弘和尚の日記『蔗軒日録』によれば,晩年の文明16年8月三宅主計と共に,堺総社三村宮(開口神社)の祭礼頭人を勤めている。季弘との交友も深く,季弘は文明16年9月の道栄の死去に際して荼毘におもむいたほか,五七日忌や三年忌などにも出ている。<参考文献>泉澄一『堺』

(吉田豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泉屋道栄の関連キーワード正韵啓書記会合衆津田宗達天王寺屋ひとり言銭屋宗安津田宗柏津田道叱奈良屋道汐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone