コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季弘大叔 きこう だいしゅく

3件 の用語解説(季弘大叔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

季弘大叔 きこう-だいしゅく

1421-1487 室町時代の僧。
応永28年8月25日生まれ。臨済(りんざい)宗。備前(岡山県)の人。京都東福寺の竹庵大縁の法をつぐ。雲章一慶,勝剛長柔らに詩文,朱子学をまなび,五山文学者として知られる。東福寺,和泉(いずみ)(大阪府)海会(かいえ)寺の住持をつとめた。長享元年8月7日死去。67歳。別号に蔗庵,蔗軒,竹谷。日記に「蔗軒日録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

季弘大叔

没年:長享1.8.7(1487.8.25)
生年:応永28.8.25(1421.9.21)
室町時代臨済宗の僧。備前(岡山県)の人。蔗軒,蔗庵,竹谷道人・備陽山人など多くの別号を持つ。9歳で竹庵大縁について出家,その法を嗣いだ。応仁1(1467)年南都(奈良)で華厳,法相両宗の教義を学ぶ。このほか朱子学にも詳しく,浄土思想にも関心を示していたという。文明6(1474)年京都に帰り東福寺の首座を勤めた。のち和泉(大阪府)海会寺の住持を経て,同12年には東福寺の第174世となった。翌年退き,晩年は海会寺を中心に活動,臨済宗法燈派の人々とも多く交流した。このとき記した日記が『蔗軒日録』である。ほかに『蔗軒遺藁』がある。

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きこうだいしゅく【季弘大叔】

1421‐87(応永28‐長享1)
室町中期の臨済宗聖一派の僧。東福寺の竹庵大縁の法嗣。備前の人。別に竹谷(ちくこく),蔗軒(しやけん),蔗庵と称す。東福寺174世。1483年(文明15)和泉堺の海会(かいえ)寺に移る。翌年南禅寺の公帖(くちよう)(公方家の許状)を受けるが病のため不住。海会寺時代の日記《蔗軒日録》は禅僧の日常生活を伝える史料としておもしろい。他に詩文集《蔗庵遺稿》がある。【今泉 淑夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の季弘大叔の言及

【蔗軒日録】より

…3巻。室町中期の代表的な五山文学僧であり,東福寺住持であった季弘大叔(きこうだいしゆく)が,晩年を過ごした堺の海会寺(かいえじ)で記した日記。1484‐86年(文明16‐18)の記事が現存する。…

※「季弘大叔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

季弘大叔の関連キーワード天隠龍沢正韵淡海昌敬宙外玄杲東海宗朝福島慶道愚堂宗哲圜悟克勤臨済録済家

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone