法人住民税

株式公開用語辞典「法人住民税」の解説

法人住民税

企業の事業活動に対してかけられる税金の一つ。国税である法人税に対して、法人住民税道府県民税市町村民税を合わせた地方税として位置づけられる。東京都23区については、道府県民税と市町村民税ではなく、両方を合わせた都民税として課税される。法人住民税には、「均等割」と「法人税割」がある。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「法人住民税」の解説

ほうじん‐じゅうみんぜい〔ハフジンヂユウミンゼイ〕【法人住民税】

住民税のうち、都道府県や市町村が、その区域内に事務所や事業所などがある法人に課すものをいう。→個人住民税

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android