コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定福利費 ほうていふくりひ obligatory welfare cost

2件 の用語解説(法定福利費の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法定福利費
ほうていふくりひ
obligatory welfare cost

福利厚生費のうち法律により資金の拠出が使用者に義務づけられている部分。健康保険厚生年金保険労災保険児童手当事業主負担分,身体障害者雇用納付金労働基準法による法定補償金などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

法定福利費

厚生年金や健康保険といった社会保険料は、企業と従業員が折半して支払うことになっています。このとき、企業が支払った分を経理上は法定福利費として計上します。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法定福利費の関連キーワードカフェテリアプラン見返り資金福利厚生従業員持ち株制度資金繰り福利厚生施設法定外福利法定福利福利厚生費農林漁業団体職員共済組合

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法定福利費の関連情報