慶弔(読み)けいちょう

精選版 日本国語大辞典「慶弔」の解説

けい‐ちょう ‥テウ【慶弔】

〘名〙
出産、結婚などの喜ぶべきことと、などの悲しむべきこと。吉事と凶事。
※日本の労働運動(1901)〈片山潜・西川光二郎〉一「斯業進歩の研究及び禍福吊、其他幾多の諸点に於て運動一致を欠き」 〔史記‐蘇秦〕
② 互いに慶事を祝い、凶事をとむらうこと。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「慶相通じ、出入門を共にす」 〔後漢書‐荀爽伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「慶弔」の解説

【慶弔】けいちよう(てう)

吉凶。〔後漢書、王充伝〕以爲(おも)へらく、俗儒を守るも、多く其の眞を失ふと。乃ち門を閉し思ひを潛め、慶弔の禮をち、牆壁に各刀筆を置き、論衡十五・二十餘言をはす。物の同異を釋(と)き、時俗の疑を正す。

字通「慶」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android