コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法律の抵触 ほうりつのていしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法律の抵触
ほうりつのていしょく

2つ以上の法律が同一の生活関係の処理の仕方,手続,基準について互いに異別,対立,衝突している状態をいう。たとえば,日本では離婚が許されているが,フィリピンではそれが認められていない。これは離婚という同一の問題について2つの国の法律が,その内容において互いに異別,対立,衝突あるいは抵触している状態にある。したがって,このような抵触状態を解決するために設けられた法律を法律抵触解決法 law of conflict of laws,つまり抵触法 conflicts lawと呼ぶ。それは抵触状態にある複数の法律のうち,そのいずれを選ぶかという形で解決が示されるのが通常であるので,法 (律) 選択規則 choice of law rulesとも称される。 (→国際私法 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法律の抵触の関連キーワード手形に関する国際私法条約ハーグ国際私法会議

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法律の抵触の関連情報