コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択規則 せんたくきそくselection rule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択規則
せんたくきそく
selection rule

選択則ともいう。量子力学系が摂動によって遷移するとき,遷移の始めと終りの定常状態を指定する量子数の間に一定の関係がなければ,遷移は起らない。この関係を規定する規則を選択規則といい,遷移確率によって決る。しかし,一般に保存則があれば,それに対応した選択規則が存在する。たとえば電磁波の放射・吸収の際には,角運動量とパリティ保存則に対応する選択規則が重要である。例をあげると,角運動量の大きさを指定する量子数を J ,磁気量子数を M として,電気双極子放射では ΔJ=0,±1 (ただし J=0 から J=0 への遷移は除く) ,ΔM=0,±1 が成り立つ場合だけ遷移が起りうる。パリティについては,ラポルテの規則がある。素粒子については,ストレンジネスアイソスピンなどに関する選択規則がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の選択規則の言及

【選択則】より

…選択規則ともいう。量子力学において,物理系が一つの状態から他の状態へ遷移を起こすときに,量子数が満たさなければならない条件を表す規則。…

※「選択規則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

選択規則の関連キーワードガモフ‐テラーの選択規則選択の原理(分光学)PCA環境紛争規則フェルミの選択則電気双極子放射ゲル=マン準安定状態法律の抵触ラポルテ選択律選択則

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android