コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法眼道印 ほうげん どういん

1件 の用語解説(法眼道印の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法眼道印 ほうげん-どういん

1651-1730 江戸時代前期-中期の僧。
慶安4年生まれ。後水尾天皇の皇子。黄檗(おうばく)宗。独湛性瑩(どくたん-しょうけい)に師事し,摂津邦福寺(大阪府)を再興した。性瑩の法をつぎ,宝永4年山城(京都府)万福寺の首座(しゆそ)となる。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)に実相寺,大智寺を創建した。享保(きょうほう)15年2月28日死去。80歳。号は法源ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

法眼道印の関連キーワード常行大野秀和岡田善紀川勝雲堂久米田杉尋三条実治清水静井滝方山太兵衛松平忠充

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone