コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法眼道印 ほうげん どういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法眼道印 ほうげん-どういん

1651-1730 江戸時代前期-中期の僧。
慶安4年生まれ。後水尾天皇の皇子。黄檗(おうばく)宗。独湛性瑩(どくたん-しょうけい)に師事し,摂津邦福寺(大阪府)を再興した。性瑩の法をつぎ,宝永4年山城(京都府)万福寺首座(しゆそ)となる。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)に実相寺,大智寺を創建した。享保(きょうほう)15年2月28日死去。80歳。号は法源ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

法眼道印の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)江戸時代(年表)徳川吉宗徳川家光ケンペル堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android