コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独湛性瑩 どくたん しょうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

独湛性瑩 どくたん-しょうけい

1628-1706 明(みん)(中国)の僧。
崇禎元年9月27日生まれ。黄檗(おうばく)宗。承応(じょうおう)3年(1654)隠元隆琦(いんげん-りゅうき)にしたがって来日。遠江(とおとうみ)(静岡県)宝林寺,上野(こうずけ)(群馬県)国瑞寺をひらき,天和(てんな)2年山城(京都府)万福寺住持となる。浄土教もまなび,念仏独湛とよばれた。宝永3年1月26日死去。79歳。俗姓は陳。語録に「独湛禅師語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

独湛性瑩 (どくたんしょうけい)

生年月日:1628年9月27日
江戸時代前期;中期の黄檗僧
1706年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

独湛性瑩の関連キーワード円通道成悦峰道章法眼道印月海元昭大潮元皓生年月日黄檗宗高遊外売茶翁中期円恕

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android