コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泗川の戦い しせんのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泗川の戦い
しせんのたたかい

慶長の役 (→文禄・慶長の役 ) の際の朝鮮,慶尚南道の泗川城における戦い。文禄の役のあと,慶長2 (1597) 年,秀吉は再度朝鮮半島への出兵を行い,日本軍は明鮮連合軍に対し,随所で籠城戦を展開したが,いずれも苦戦に陥った。同3年9月末,明将董一元らの率いる 10万の大軍が泗川城にあった島津義弘らを攻めたが,義弘らは 2000の兵をもって,同 10月1日これを撃破した。これを機として明鮮と講和し,撤兵への足掛りとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泗川の戦い
しせんのたたかい

慶長(けいちょう)の役の一戦闘。朝鮮慶尚道(けいしょうどう)泗川城に籠(こも)る島津軍が、明(みん)・朝鮮軍を破った戦いで、日本軍の撤兵を容易にする一因となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

泗川の戦いの関連キーワード鹿児島(県)島津家久

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android