コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泡雪豆腐 アワユキドウフ

大辞林 第三版の解説

あわゆきどうふ【泡雪豆腐】

泡雪のように柔らかい豆腐。また、これに葛餡くずあんをかけた料理。江戸中期、江戸両国の料理屋で供した。あわゆき。淡雪豆腐。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の泡雪豆腐の言及

【泡雪】より

…淡雪とも書き,泡立てた卵白を泡雪に見立てた料理や菓子の名称。ヤマノイモをすりおろし,だし汁で煮てふわふわにしたものをさすこともあり,江戸で有名だった泡雪豆腐のように,舌上で溶けるような食味をもつものをいうこともあった。泡雪蒸しは白身の魚などに泡立てた卵白をのせ調味しただし汁で蒸した料理,泡雪そばは泡立てた卵白をやわらかく煮て,かけそばの上に置いたり,そばにのせて蒸したりする。…

※「泡雪豆腐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

泡雪豆腐の関連キーワード泡雪・沫雪葛餡

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android