コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両国橋 リョウゴクバシ

百科事典マイペディアの解説

両国橋【りょうごくばし】

両国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうごくばし【両国橋】

東京の隅田川に架設されている橋。中央区東日本橋2丁目と墨田区両国1丁目を結び,隅田川13橋の一つである。江戸の明暦の大火(1657)ののち,幕府は市街地の拡大のため墨東(隅田川の東)一帯を開発した。橋は大火の翌年に工事を開始し,翌1659年(万治2)に完成した。当初は大橋,向島の橋とも呼ばれたが,新大橋の完成後両国橋が正式名になった。橋名は川をはさみ武蔵と下総の両国に架されたことにちなんだものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りょうごくばし【両国橋】

隅田川下流に架かる橋。中央区東日本橋と墨田区両国の間を結ぶ。1659年の架橋といわれる。古く、隅田川が武蔵・下総しもうさ二国の境をなしていたところからの称。現在の橋は大震災後の築造。川開きの花火で有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両国橋
りょうごくばし

東京都中央区東日本橋と墨田(すみだ)区両国を結ぶ橋。明暦(めいれき)の大火(1657)後、江戸の市街地拡大のため本所、深川を開き、1659年(万治2)に架橋したのが最初。その後、数度の火災、水害で修改築し、1904年(明治37)鉄橋に架け換えられ、1932年(昭和7)改修したものが現在の両国橋である。橋は初め大橋といったが、新大橋の架橋後、隅田(すみだ)川が武蔵(むさし)と下総(しもうさ)両国の境界であったことから二州橋ともいい、のち正式に両国橋と改めた。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の両国橋の言及

【新大橋】より

…長さは108間(194m余),建設に2343両余の費用を要したという。すでに隅田川には千住大橋と両国橋(大橋)の2橋があったため新大橋と名付けられ,江戸初期以来開発の進んだ本所・深川方面と日本橋との交通の便はこれによってよくなった。橋は松尾芭蕉の住居に近く,〈初雪やかけかかりたる橋の上〉〈ありがたやいただいて踏(ふむ)橋の霜〉の句がある。…

【納涼】より

…しかし庶民には望むべくもなく,彼らは隅田川の橋に立って川風に涼を求める橋涼みをこととした。当時は橋のたもとは一つの盛場で,ことに両国橋際には,枇杷葉湯(びわようとう),白玉水,ところてん売などの茶店や,猿回し,軽業などの見世物小屋があり,納涼客をあてこんでにぎわった。〈千人が手を欄干や橋涼み〉という其角(きかく)の句は,この庶民の納涼を伝えたものである。…

※「両国橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

両国橋の関連情報