コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波木井昇斎 はきい しょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波木井昇斎 はきい-しょうさい

1808-1863 江戸時代後期の彫刻家。
文化5年生まれ。家は代々甲斐(かい)(山梨県)身延山数珠(じゅず)商。江戸にでて彫刻の技術をおさめる。安政3年(1856)から広島藩主の命で広島にすむ。木彫を得意とし,宮島をたびたびおとずれ,木彫技術をつたえたという。文久3年7月1日死去。56歳。号は五峰

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

波木井昇斎の関連キーワード彫刻家

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android