コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李斯 りし Li Si

6件 の用語解説(李斯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李斯
りし
Li Si

[生]?
[没]胡亥2(前208)
中国,秦の政治家。上蔡 (河南省) の人。初め郡の小役人となり,のち発奮して荀子に学び,秦に仕え,始皇帝の「逐客の令」 (外来者追放策) を諫止し,丞相となり法治主義をとった。秦の郡県制の施行,文学,度量衡の統一,「焚書の令」 (一種の言論弾圧) などは彼の献策により,その内政外交は秦帝国確立の大きな基礎をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐し【李斯】

[?~前210]中国、の政治家。楚(そ)の上蔡の人。荀子に学び、始皇帝に仕えて丞相となり、郡県制施行、焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)、文字・度量衡の統一などを進言した。始皇帝の死後、讒言(ざんげん)により刑死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

李斯【りし】

中国,の政治家。楚の人。熱心な法治主義者で,始皇帝をたすけて天下を統一。丞相となり郡県制の実施,焚書坑儒による思想統制などを建議。始皇帝の没後,宦官(かんがん)の讒言(ざんげん)によって処刑された。
→関連項目性悪説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りし【李斯 Lǐ Sī】

?‐前210
中国,秦の政治家。楚の上蔡(河南省上蔡県)の人。荀子に師事して帝王治世の術を学び,法治主義者となる。のち秦に行き,呂不韋(りよふい)に推されて秦王政(のちの始皇帝)の臣となり,統一後も始皇帝,二世皇帝に仕え,廷尉,丞相の要職を歴任した。この間,郡県制の施行をはじめとする政治制度を確立し,また籀文(ちゆうぶん)の画を省いて統一字体の小篆(しようてん)をつくるなど,統一帝国の体制を整えるうえで重要な役割を果たしたが,姦臣の趙高に欺かれて二世の怒りをかい,三族誅滅の極刑に処せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りし【李斯】

?~前210) 中国、秦の政治家。楚の人。始皇帝に仕え宰相となる。荀子に学んだ法治主義的学風を政治に適用した。始皇帝の死後、宦官かんがん趙高に欺かれ刑死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李斯
りし
(?―前208)

中国、秦(しん)の統一に功績のあった法家の政治家。戦国楚(そ)の上蔡(じょうさい)の人。荀子(じゅんし)について帝王の術を学んだが、楚や東方の諸国には天下を統一する望みがなかったので、西の秦に赴いた。丞相呂不韋(じょうしょうりょふい)の食客の身から、秦王政(せい)(後の始皇帝)に仕えることになった李斯は、東国離反の策を進言し、それが成功すると客卿(きゃっけい)(他国出身の大臣)にあげられた。当時、逐客令(ちっきゃくれい)(他国出身者の追放令)が出されたが、李斯が反対論を唱えると廃された。以後、李斯の策は重用され、秦王を助けて天下の統一を実現させたので、丞相の地位についた。郡県制、焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)、文字・度量衡の統一などの政策は彼の進言による。始皇帝の死後、趙高(ちょうこう)が末子胡亥(こがい)を二世皇帝にたてる謀略に荷担したが、のちに2人の無道ぶりを非難して投獄され、腰斬(ようざん)の刑で死んだ。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李斯の言及

【秦】より

…第2は,秦が積極的に他国から移ってきた者をうけ入れ,彼らを利用して内治外交に利用したことである。百里奚,蹇叔,商鞅はすべて他国出身者であり,また統一直前に懸案となる外国人追放令(逐客令)に反対した李斯(りし)の意見書には,秦が他国出身者の功績でいかに発展してきたかが詳しく述べられている。 第3は,秦が春秋時代から戦国時代にかけての社会変動のなかで,いちはやく旧体制から脱皮して新しい国家体制を築きあげたことである。…

【蒼頡】より

…蒼頡が文字を発明したという伝説は,戦国後期の《荀子》にあらわれ,漢代になると黄帝の史官であったという伝説があらわれる。秦始皇帝の宰相であった李斯が,蒼頡の名をとった《蒼頡篇》という初学者向きの字書を作ったが,今は伝わらない。【伊藤 道治】。…

【泰山刻石】より

…泰山の山頂で天を祭る封禅(ほうぜん)の儀式を挙行した際に立てたところから,〈封泰山碑〉ともいう。秦の徳をたたえた頌辞を篆書(てんしよ)で刻したもので,丞相の李斯(りし)の書と伝えられ,小篆の典型とされる。《史記》秦始皇本紀にのせる全文は,4字36句の計144字からなり,3句ごとに押韻する。…

【焚書坑儒】より

…書籍を焼き,学者を坑(あなうめ)して殺すこと。前221年に天下を統一した始皇帝は,法家の李斯(りし)を抜擢し,従来の封建制を廃止して郡県制を施行するなど,徹底した法家思想にもとづく各種の統一政策を実施した。しかしこの法家一色の政治に対しては,他の儒家をはじめとする各学派は反対であり,おのおの公然と自説を主張した。…

※「李斯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李斯の関連キーワード王猛河南省謝良佐趙紫陽桓寛山濤謝石謝上蔡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李斯の関連情報