コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰平年表 たいへいねんぴょう

1件 の用語解説(泰平年表の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいねんぴょう【泰平年表】

年代記。5巻6冊。大野広城編。1841年(天保12)刊。徳川家康から家斉まで,1542年(天文11)より1837年(天保8)まで300年間の年代記で,幕府の行事,事変,事件,奇談など詳細な説明を施してあり,《徳川実紀》を補うべき文献であるが,出版元とも幕府の処罰を受け,著者は丹波綾部藩に預けられ,没した。しかし,絶版後もひそかに写され,続編(1838年より52年(嘉永5))さえ編集された。大野広城は国学者,幕府小十人組に属し,著書《青標紙》《殿居袋》は有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

泰平年表の関連キーワード宮地仲枝大野花営三代記椿説弓張月青標紙年代記物北条九代記大野忍軒大野広城

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone