コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野広城 おおの ひろき

2件 の用語解説(大野広城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野広城 おおの-ひろき

1788-1841 江戸時代後期の国学者。
天明8年生まれ。幕府の法制・儀式・典礼などをあつかった「殿居嚢」「青標紙」が禁書となり,天保(てんぽう)12年丹波綾部(あやべ)(京都府)の九鬼家に幽閉されて同年9月11日死去。54歳。江戸出身。通称は権之丞。号は忍屋隠士,忍軒など。著作はほかに「泰平年表」「万世泰平鑑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大野広城

没年:天保12.9.11(1841.10.25)
生年:寛政9(1797)
江戸中期の武士,国学者。通称を権之丞といい,忍軒,忍之屋などと号した。江戸の人。幕府小十人組の士で,幕府の儀式典礼や武家諸法度など禁制の事項を記した『青標紙』(前編1840年,後編41年刊),『殿居嚢』(前編1837年,後編39年刊)を,携帯に便利な小型の折本にして公刊し,許可なく幕府の内情を公表した科で筆禍を受け,九鬼式部少輔へお預けとなり,九鬼の領地丹波国綾部(京都府)に幽閉中没した。ほかに『東国風流』『柳営事略』『泰平年表』などの著がある。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大野広城の言及

【泰平年表】より

…5巻6冊。大野広城編。1841年(天保12)刊。…

※「大野広城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大野広城の関連キーワード安部和貞加藤直蔭名倉安興萩谷遷喬橋村正令平岡好国横山隆達横谷友信国学者斎藤実純

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone