コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洛東植物群 らくとうしょくぶつぐん

世界大百科事典 第2版の解説

らくとうしょくぶつぐん【洛東植物群】

韓国の慶尚南道の洛東江流域に広く分布する慶尚累層群(白亜系)下部の新洞層群(9600万~1億4000万年前。かつては洛東統と呼ばれた)に含まれる化石植物の総称。この植物群は,はじめ1886年C.ゴッチェによって認められ,1905年矢部長克によって研究された。その組成は,トクサ類,シダ類,ソテツ類,イチョウ類および広葉球果類からなり,日本の手取植物群の組成にほぼ一致するが,化石の保存状態が悪いため,まだ十分に解明されていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android