コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洛東植物群 らくとうしょくぶつぐん

1件 の用語解説(洛東植物群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

らくとうしょくぶつぐん【洛東植物群】

韓国の慶尚南道の洛東江流域に広く分布する慶尚累層群(白亜系)下部の新洞層群(9600万~1億4000万年前。かつては洛東統と呼ばれた)に含まれる化石植物の総称。この植物群は,はじめ1886年C.ゴッチェによって認められ,1905年矢部長克によって研究された。その組成は,トクサ類,シダ類,ソテツ類イチョウ類および広葉球果類からなり,日本の手取植物群の組成にほぼ一致するが,化石の保存状態が悪いため,まだ十分に解明されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洛東植物群の関連キーワード慶尚南道慶尚北道全羅南道通度寺洛東江蔚山泗川大邱アロツナス金泉