コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞院満季 とういん みつすえ

1件 の用語解説(洞院満季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

洞院満季 とういん-みつすえ

1390-? 室町時代の公卿(くぎょう)。
明徳元=元中7年生まれ。父洞院実信の死で祖父公定(きんさだ)の養子となる。応永16年従三位となり,権(ごんの)大納言をへて31年内大臣,翌年従一位。永享3年後小松上皇の出家により剃髪(ていはつ)した。応永33年(1426)「本朝皇胤紹運録(こういんじょううんろく)」を編修。法名は聖覚,浄導。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の洞院満季の言及

【本朝皇胤紹運録】より

…書名は中国の《歴代帝王紹運図》にならったもので,たんに《皇胤紹運録》《紹運録》《紹運図》などともいい,別に〈本朝帝皇系譜〉の称もある。内大臣洞院満季が後小松天皇の命を受けて,当時流布していた多くの皇室系図を照合勘案し,新たに天神七代,地神五代を加えて,1426年(応永33)に編纂した。歴代天皇とその皇子女の血統を細かく表記し,天皇には代数と生母および誕生,立太子,即位,譲位,崩御などの年月日や諱(いみな),陵墓名などを,皇子女には生母や極官,極位,薨年などを注記し,皇室系図として最も権威あるものとされている。…

※「洞院満季」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洞院満季の関連キーワード三条公敦公卿給公卿僉議地下の公卿久我清通近衛教基月輪季尹二条政嗣二条持基四辻実茂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone