コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝皇胤紹運録 ほんちょうこういんじょううんろく

3件 の用語解説(本朝皇胤紹運録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本朝皇胤紹運録
ほんちょうこういんじょううんろく

神代以来の皇室系図。書名は中国,宋の『歴代帝王紹運図』にならったものと思われる。初め洞院満季が勅命を受けて,応永 23 (1416) 年頃編纂したもので,称光天皇頃までを収録するものであったが,その後次第に書き継ぎ,増補が行われ,現在最も流布している『続群書類従』本には,今上天皇までが収められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうこういんじょううんろく【本朝皇胤紹運録】

皇室系図。1巻。書名は中国の《歴代帝王紹運図》にならったもので,たんに《皇胤紹運録》《紹運録》《紹運図》などともいい,別に〈本朝帝皇系譜〉の称もある。内大臣洞院満季が後小松天皇の命を受けて,当時流布していた多くの皇室系図を照合勘案し,新たに天神七代地神五代を加えて,1426年(応永33)に編纂した。歴代天皇とその皇子女の血統を細かく表記し,天皇には代数と生母および誕生,立太子,即位,譲位,崩御などの年月日や諱(いみな),陵墓名などを,皇子女には生母や極官,極位,薨年などを注記し,皇室系図として最も権威あるものとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本朝皇胤紹運録
ほんちょうこういんじょううんろく

天皇家代々の系譜。2巻。1426年(応永33)内大臣洞院満季(とういんみつすえ)が勅命を受けて作成。まず国常立尊(くにのとこたちのみこと)をはじめとして天神・地神を連ね、次に第1代神武(じんむ)天皇以降、歴代天皇(南朝は外されている)とその一族を系図で示し、それぞれの下に簡単な小伝を付す。1502年(文亀2)三条西実隆(さんじょうにしさねたか)が増補したのをはじめ、逐次書き継がれ18世紀末に及んでいる。『群書類従』(系譜部)所収。[益田 宗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本朝皇胤紹運録の関連キーワード五代帝王物語通書帝王編年記藩翰譜宮室帝範経義考岱廟帝王図《歴代大仏師正統系図》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone