本朝皇胤紹運録(読み)ほんちょうこういんじょううんろく

  • ほんちょうこういんしょううんろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神代以来の皇室系図。『尊卑分脈』の編者である洞院公定の猶子,洞院満季(とういんみつすえ)が勅命を受けて,応永33(1426)年頃編纂したものとされ,書名は中国,の『歴代帝王紹運図』にならったものとみられる。当初,称光天皇頃までを収載下限としていたが,三条西実隆が書き継ぎ,その後近代まで増補が行なわれた。神代クニノトコタチノミコト(国常立尊)以来,歴代の皇胤系譜を掲げ,簡単な伝記が付されている。江戸時代の一大叢書『群書類従』の系譜部にも収録されているなど,最も信頼しうる皇室系図とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

皇室系図。1巻。書名は中国の《歴代帝王紹運図》にならったもので,たんに《皇胤紹運録》《紹運録》《紹運図》などともいい,別に〈本朝帝皇系譜〉のもある。内大臣洞院満季が後小松天皇の命を受けて,当時流布していた多くの皇室系図を照合勘案し,新たに天神七代,地神五代を加えて,1426年(応永33)に編纂した。歴代天皇とその皇子女の血統を細かく表記し,天皇には代数と生母および誕生,立太子即位譲位崩御などの年月日や諱(いみな),陵墓名などを,皇子女には生母や極官,極位,薨年などを注記し,皇室系図として最も権威あるものとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天皇家代々の系譜。2巻。1426年(応永33)内大臣洞院満季(とういんみつすえ)が勅命を受けて作成。まず国常立尊(くにのとこたちのみこと)をはじめとして天神・地神を連ね、次に第1代神武(じんむ)天皇以降、歴代天皇(南朝は外されている)とその一族を系図で示し、それぞれの下に簡単な小伝を付す。1502年(文亀2)三条西実隆(さんじょうにしさねたか)が増補したのをはじめ、逐次書き継がれ18世紀末に及んでいる。『群書類従』(系譜部)所収。

[益田 宗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

室町時代に編纂された皇室系図
皇室系図中最も権威あるもの。洞院(藤原)満季 (みつすえ) が後小松天皇の勅命により撰進。その後塙保己一 (はなわほきいち) の『群書類従』によって増補された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android