コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津下四郎左衛門 つげ しろうざえもん

2件 の用語解説(津下四郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津下四郎左衛門 つげ-しろうざえもん

1848-1870 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家。
嘉永(かえい)元年生まれ。備前岡山藩家老伊木忠澄にしたがい,慶応4年佐幕派の備中(岡山県)松山藩攻めに参加。明治2年上田立夫(りっぷ)らと新政府参与横井小楠(しょうなん)を暗殺。明治3年10月10日処刑された。23歳。備前出身。名は正義。変名は土屋延雄(信夫)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津下四郎左衛門

没年:明治3.10.10(1870.11.3)
生年:嘉永1(1848)
幕末維新期の尊攘派浪士。岡山藩領の庄屋の子に生まれ,明治1(1868)年家老伊木忠澄に従って山陽道鎮撫作戦に参加。のち上洛。明治2年1月5日,上田立夫,鹿島又之允,前岡力雄らと共に参与横井小楠を暗殺。捕縛され翌年斬に処せられた。年23歳。大正2(1913)年遺子津下鹿太が森鴎外を訪れて父の履歴を語った。鴎外はこれをもとに史伝『津下四郎左衛門』を書き,そのなかで鹿太に「私の父は善人である。気節を重んじた人である。勤王家である。……その半面において,私は父が時勢を洞察することの出来ぬ昧者であった,愚であったと云うことを認めずにはいられない」と語らせている。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津下四郎左衛門の関連キーワード花山院家理新撰組新徴組片桐省介加屋霽堅川津毎鎮北添佶磨立石孫一郎前田繁馬宮地正人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone