コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津久居平吉 つくい へいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津久居平吉 つくい-へいきち

1871-1931 明治-大正時代の軍人。
明治4年11月15日生まれ。27年陸軍にはいり,日清戦争に従軍。36年北京に留学。日露戦争開戦直前,八達嶺でロシア軍の電話線を切断するなど特別任務についた。日露戦争後,満州独立守備隊大隊長となるが,辛亥(しんがい)革命のとき革命派の藍天蔚らと通じて停職,予備役編入。陸軍少佐。昭和6年9月16日死去。61歳。栃木県出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津久居平吉の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android