コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

停職 テイショク

デジタル大辞泉の解説

てい‐しょく【停職】

公務員などの懲戒処分の一。職員としての身分を保有させながら、一定期間職務に就かせないこと。その期間、給与は支給されない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていしょく【停職】

職員としての身分は保有させながら、一定期間職務に従事させないこと。公務員では懲戒処分の一つで、原則としてその期間は無給。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

停職
ていしょく

国家・地方公務員などの職員に対して、職員としての身分を保有させながら一定期間職務に従事させない処分をいう。職員の非行に対して科せられる懲戒処分の一つ。休職処分は同じく職務に従事させない処分であるが、分限処分である点で職処分と異なる。一般職の国家公務員の停職期間は1日以上1年以内で懲戒権者が定め、その間給与は支給されない(国家公務員法83条、人事院規則12‐0)。一般職の地方公務員、自衛官などにも同様の制度がある。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

停職の関連キーワード東京都教育委員会の日の丸・君が代通達石阪氏の政治資金パーティー問題日の丸・君が代訴訟の類型岐阜競輪場の不正経理問題警察の捜査情報流出問題国家公務員の懲戒処分蓮田市の入札妨害事件浦安市官製談合事件阪大論文捏造問題世田谷・一家殺害津久居 平吉ラザフォード石田 六次郎士官学校事件君が代条例松下 芳男磯部 浅一十一月事件コンプトンウェーバー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

停職の関連情報