コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津守通 つもりの とおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津守通 つもりの-とおる

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の陰陽師(おんようじ)。
養老5年(721)陰陽の師範として賞賜され,神亀(じんき)のころ陰陽師の筆頭であったという。大津皇子(おおつのみこ)がひそかに石川郎女(いらつめ)と通じたとき,これを占いであてたという。そのことをよんだ皇子の歌が「万葉集」にある。名は道ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津守通

生年:生没年不詳
奈良時代の著名な陰陽家。名は道とも書く。天武朝に大津皇子と石川郎女の密通を占いによって露見せしめたことで著名である。和銅7(714)年正七位上から従五位下に昇り,美作守に任じられた。養老5(721)年には陰陽方面で賞賜された6人のうち第2番目に挙げられており,また『家伝』下では陰陽の筆頭に掲げられている。7年に従五位上に進むが,以後の消息は明らかでない。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

津守通の関連キーワード生年

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android