津幡文長(読み)つばた ぶんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津幡文長 つばた-ぶんちょう

1855-1923 明治-大正時代の実業家。
安政2年10月15日生まれ。青森県の陸奥(むつ)湾でとれる海産物集荷・輸出で成功し,鮑(あわび)漁,帆立貝柱などの水産加工にも手をひろげた。またマンガン鉱採掘事業をおこした。大正12年1月5日死去。69歳。陸奥津軽郡(青森県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android