津田応圭(読み)つだ おうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田応圭 つだ-おうけい

?-1780 江戸時代中期の画家。
尾張(おわり)名古屋藩士。沈南蘋(しん-なんぴん)風で,草花,鳥獣,山水などにすぐれた。安永9年11月22日死去。名は乗文。通称は善弥,織部。号は北海,柘榴園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android