コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田松苗 つだ まつなえ

2件 の用語解説(津田松苗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田松苗 つだ-まつなえ

1911-1975 昭和時代の生物学者。
明治44年11月15日生まれ。母校京都帝大の大津臨湖実験所所員をへて,昭和22年奈良女高師(のち奈良女子大)教授となる。水生昆虫,汚水生物学の研究で知られる。昭和50年10月9日死去。63歳。兵庫県出身。著作に「水生昆虫学」「水質汚濁の生物学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津田松苗
つだまつなえ
(1911―1975)

動物学者、汚水生物学者。兵庫県に生まれる。1935年(昭和10)京都帝国大学理学部を卒業し、同大学院で研究。1937年から1年半、ドイツミュンヘン大学へ留学し、汚水生物学を研修した。1941年京都帝国大学助手となり大津臨湖実験所に勤務。1946年に奈良女子高等師範学校に転職し、1947年同校教授、1951年同校の奈良女子大学昇格に伴って同大学教授となる。研究活動は、初期には昆虫の毛翅(もうし)類で、それらの成果を収めた著書『水生昆虫学』は研究者に多大の刺激と便宜を与えた。のちに、流水系の生物群集の生産などの純粋陸水学と並行して、応用陸水学としての汚水生物学の研究を精力的に進め、1967年にはアメリカのウィスコンシン大学へ客員教授として招かれるなど、日本の汚水生物学の先駆者となった。『汚水生物学』『水質汚濁の生物学』『日本湖沼の診断』などの著書がある。[渡辺仁治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津田松苗の関連キーワード上野益三有馬啓内海富士夫神谷宣郎小久保清治酒井恒佐藤煕長野敬原寛藤井隆

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone