コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸水学 りくすいがく limnology

翻訳|limnology

6件 の用語解説(陸水学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸水学
りくすいがく
limnology

陸水を研究対象とする学問。陸水を河川,湖沼,地下水,氷雪などに区分してその性状を明らかにするので,研究対象により河川学湖沼学,地下水学,雪氷学などに細分される。研究内容は多岐にわたるが,方法的には一般に2つの立場がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りくすい‐がく【陸水学】

湖沼・河川などの陸水を物理的、化学的、生物学的に研究する学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陸水学【りくすいがく】

海洋以外の陸地の水塊,すなわち地表および地下における水の状態,由来,分布,移動等について研究する学問。降水,蒸発,河川流量,浸透などの現象を総合的に研究する。河川学,湖沼学,地下水学,氷雪学等に,または基礎水文学,水文地誌(水文地理学),社会経済水文学等に分類される。
→関連項目湖沼学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りくすいがく【陸水学 limnology】

地球上の陸水(河川,湖沼,地下水等)を研究する学問。陸水学という語は1931年日本陸水学会創立に使用されたもの。これとほぼ同一の対象を研究する分野に水文学がある。しかし水文学が主として河川を中心とする水の循環を研究の主題においてきたのに対し,陸水学はその成立過程から湖沼中心の発達をしてきた。現在陸水学は陸水の総合科学と考えられており,河川,湖沼,地下水,雪氷などとして存在する陸水それぞれを対象に,河川学,湖沼学,地下水学,雪氷学が存在し,陸水学の中に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りくすいがく【陸水学】

陸水を研究する科学。水文すいもん学と表裏の関係にあるが、淡水生物に関する領域にも及ぶ。物質生産・食物網・エネルギー移動など生態系の研究も行う。 → 湖沼学

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸水学
りくすいがく

陸水を対象とする学問の総称。地球表面を陸と海とに大きく分けた場合、陸に存在する水域、すなわち陸地に囲まれた水域は陸水とよばれ、その大部分は淡水(真水)であるが、塩湖や海水と混合する汽水湖、河口域なども含めて陸水とよんでいる。その存在形態は多様で、恒常的な湖沼・河川や地下水のほか、一時的な水たまりや水田なども陸水域に含まれる。しかし、現在までのところ湖沼と河川が中心的な研究対象となっている。水質や水の動きなどの水そのものにかかわる現象だけではなく、水域をめぐる地質や現在および過去の地理、水域とその周辺に生息する生物なども含めて扱われる。すなわち、陸水域に関連した物理学、化学、生物学、地質学などの諸科学が独自の主題をもちつつも、互いに補完しあいながら研究が進められている。また、とりわけ淡水は飲料水をはじめとする種々の用水として人間生活にとってきわめて重要なものでありながら、地球上に存在する量がきわめて限られているため、水質汚染の進行や水不足とも関連してこの学問の応用面での役割が重要視されている。関係する学術団体として国内には日本陸水学会が、国際的には国際理論応用陸水学会(SIL)がある。[渡辺 直]
『上野益三著『陸水学史』(1977・培風館) ▽半谷高久著『陸水学への招待』(1980・東海大学出版会) ▽飯田貞夫著『やさしい陸水学 地下水・河川・湖沼の環境』(1997・文化書房博文社) ▽A・J・ホーン、C・R・ゴールドマン著、手塚泰彦訳『陸水学』(1999・京都大学学術出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸水学の言及

【自然地理学】より

…海洋学に含まれる海洋誌も地理学にとって重要であるが,この部分を開拓する学者は少ない。水理学に含まれる分野では湖沼学,河川学など陸水学と総称されるものが重要で,この中には地下水の調査なども含まれている。生物学との関係も深く,とくに植物の生態・分布,植物帯の研究が重要である。…

【生態学】より

…この2側面はそれぞれの後継ぎを思いがけないところに見いだした。 湖沼学(のちに陸水学となる)はすでに19世紀に成立していたが,そこでは湖沼中の物質循環の問題と湖沼生物の生態の追求が並行して進められていた。その中から有機化合物や無機塩類の循環における生物の役割が注目され,湖沼生物を生産者,消費者,分解者(還元者)に類型化することが20世紀初めころから行われた。…

【地球物理学】より

…地球を物理学的方法によって研究する地球科学の一分野。固体としての地球(岩石圏)を取り扱う測地学,地震学,火山学,地磁気学などと,地球表面あるいは近傍の水圏および気圏を取り扱う海洋学,気象学,陸水学,超高層物理学などの2大分野に大別される。測地学は地球の形,大きさ,内部構造などを測地観測の結果をもとに議論し,また地殻の変動を議論する。…

※「陸水学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸水学の関連キーワード重力節足動物地下水地下水面地表水被圧地下水陸水自由地下水地下水ポドゾル山本荘毅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸水学の関連情報