津田清子(読み)つだ きよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田清子 つだ-きよこ

1920-2015 昭和後期-平成時代の俳人。
大正9年6月25日生まれ。はじめ前川佐美雄に短歌をまなぶ。昭和23年橋本多佳子句会にでて俳句に転じ,「七曜同人。のち山口誓子(せいし)に師事し,26年天狼賞をうけ,30年「天狼」同人となる。46年「沙羅」(のち「圭」と改称)を創刊,主宰。平成12年句集「無方」で蛇笏(だこつ)賞。平成27年5月5日死去。94歳。奈良県出身。奈良女子師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android